頭蓋骨から18世紀の「魔女の顔」復元…悪魔と関係を持った真相とは

シェアシェアー

イギリスのスコットランド国立図書館には、100年ほど前に撮影された、ある頭蓋骨の写真が保管されている。

それは、何か大きな業績を残した偉人や作家のものではなく、スコットランドの田舎に暮らしていた60代女性のもの。

ただ、その頭蓋骨の女性には、ある記録が残されている。

なんと、彼女は「魔女」であることを告白して、刑務所に収監されていたと言う…

スポンサーリンク

悪魔と関係を持った魔女

Waldkunst / Pixabay

1704年。

スコットランドの小さな村トリーバーン出身のリリアス・アディは刑務所の中で息を引き取った。

彼女が刑務所に収監された理由は、現代では到底考えられない。

「私は悪魔と結ばれて魔女になったのよ」

当時の記録では「自分が魔女であること」「悪魔と男女の関係にあること」をリリアスが告白したため、逮捕され刑務所に収監されたとされている。

そして魔女のリリアスには、火あぶりによる死刑判決が出されたが、執行直前に彼女は自らの意志で命を断った…

その後、地元人達は、魔女のリリアスが再び蘇って人々を襲うことを防ぐため、彼女の遺体を海岸沿いにある大きな石の下に埋葬。

その後、19世紀になると魔女やゾンビの存在を信じない科学者が研究のためリリアスの遺体を掘り起こし、頭蓋骨はセント・アンドリュース大学の博物館に渡り、今から100年以上前に写真撮影された。

18世紀魔女の顔を頭蓋骨から復元

Photo|metro.co.uk

その後、20世紀に彼女の頭蓋骨は紛失されてしまったが、スコットランド国立図書館には、今でも写真だけが残されていた。

イギリスのBBCラジオで放送中の番組「スコットランドのタイムトラベル」の企画で、この歴史の記録に残る魔女リリアスの顔を頭蓋骨の写真からCGで再現することになった。

現代に蘇った魔女の素顔

記録によれば、リリアス・アディは60代で身体が弱く、視力も衰えていた。

現存する頭蓋骨の写真や、彼女のパーソナルな情報を元にして、スコットランドにあるダンディー大学の法医学博士たちのチームが、魔女の顔の復元を行った。

その結果、現代に蘇ったリリアス・アディの顔がこちら。

18世紀魔女の顔を頭蓋骨から復元

Photo|metro.co.uk

ご存知の通り、かつては「魔女狩り」として、多くの女性が疑いをかけられ、火あぶりによって処刑された。

そのため、魔女とされた女性たちの頭蓋骨は、ほとんど現存していないと言う。

自ら命を断ったため火葬を免れたことで、リリアスの頭蓋骨は後世に残されたことで、今回の復元作業に繋がったのだ。

CGによって復元されたリリアス・アディの顔は、映画やアニメに登場する魔女のように醜く歪んでいるわけでもなく、何処にでもいるような普通の表情をしている。

果たして、魔女であることを告白したリリアス・アディは、刑務所で火あぶりにされるほどの悪い女性だったのか?

スポンサーリンク

シェアシェアー

フォロフォロー