20歳の人気実況主が突然死…スマホゲーム依存&長時間プレイの怖い話

シェアシェアー

「王者栄耀(おうしゃえいよう)/キング・オブ・グローリー」は中国で2億人のユーザーがプレイしていると言われる大人気のオンラインゲーム。

基本は無料で遊ぶことが出来るスマホゲームなので、子供から大人までゲームの世界にどっぷりハマってしまう人が続出。

さらに「キング・オブ・グローリー」を極めたスタープレイヤーも現れ、ゲームの人気は加熱している。

そんな人気ゲームを巡って事件が起きた…

スポンサーリンク

人気実況主の突然死

スマホゲームの怖い話

Photo|sohu.com

「ロンリー・キング」で知られる20歳の男性は、今年の7月以降、毎日のように深夜から朝の9時まで「キング・オブ・グローリー」の実況配信をしていた人気プレイヤー。

彼のSNSは実況を楽しみにしている17万人ものフォロワーがいて、イベントにも出演するほど支持されていた。

しかし…

11月2日に、いつもと同じように深夜から朝まで実況配信したロンリー・キングは、その日を境にオンライン上から姿を消してしまった。

毎日欠かさなかったゲーム実況がプツリと途絶えたことで、17万人のフォロワーはロンリー・キングの身を案じた。

数日後、ロンリー・キングのSNSに新たなメッセージが書き込まれる。

それは彼の親族による訃報の知らせで、最後のゲーム配信を行った後にロンリー・キングは20歳の若さで息を引き取ったとのこと。

死因は明らかにされていないが、毎日の長時間に渡るゲームプレイが引き金となったことは間違いなく、中国の主要メディアもヘッドラインニュースで「若きゲーマーの突然死」を報じた。

そして、オンラインゲーム中毒が社会問題となっている中国では、ロンリー・キングの死を境にゲームを配信している会社に対する風当たりも強くなりつつあるとか…

スポンサーリンク

シェアシェアー

フォロフォロー