閲覧注意の怖い話まとめ

肝硬変の原因は白髪染めの化学物質!10年ヘアカラー続けた中国人女性の悲劇

今から2ヶ月ほど前…

白髪染めで肝硬変になる原因

中国黒竜江省のハルビンに住む50代の女性チェンさんは、家の階段を2階へ上がっている時に、酷い疲労感と息切れに襲われた。

なんとか階段を登りきり、ベッドへ横になろうとすると、チェンさんを見た夫から「白目や肌が異常に黄色い」と指摘され、病院へ駆け込んだ。

早速、病院で精密検査を行うと、チェンさんの体内からは通常の10倍以上のビリルビン(本来は尿などから排出される成分)が検出された。

この時、チェンさんの肝臓は肝硬変になる寸前だったが、すぐには、その原因が医師にもわからなかった…

月1の白髪染めが肝臓にダメージ

Drink

肝硬変の原因で最も多いのは「飲酒」。

だが、チェンさんは全くお酒を飲まない上に、医師が病歴を調べても、肝臓の異変に繋がるような記録は無かった。

そのため、医師がチェンさんの生活習慣について質問を続けると、やっと手掛かりが見つかった。

白髪染めで肝硬変になる原因

チェンさんは、10年以上に渡って月1で白髪染めを行っていたのだ。

チェンさんは30代の頃から白髪が目立つようになり、髪を黒く染めるようになった。

最初は部分的に隠す程度だったが、40代になる頃には頭部全体に白髪が広がり、月に一度は美容院で白髪染めをするのが欠かせなくなった。

それから10年以上が経ち、この白髪染めの習慣が、気づかない内にチェンさんの肝臓にダメージを与えていたのだ。

では「白髪染め」と「肝臓」の関係とは何なのか?

頭皮から化学物質

白髪染めで肝硬変になる原因

内科医のフー・リジャン医師によれば…

「ほとんどのヘアカラー製品には数十種類の化学物質が含まれていて、中には、ニトロベンゼンやアニリンのように人体に有毒な成分を含んでいるものもあります。
これらの科学物質は頭皮から体内に吸収され、肝臓を通過して代謝されます。
これが、長年の間繰り返されると、内臓に深刻なダメージを与える可能性もあるのです」

とのこと。

全てのヘアカラー製品が人体に悪影響を与えるわけではないし、個人差もあるが、「髪染め」が「肝臓へのダメージ」に繋がる可能性は否定できない。

フー医師は「肝臓のことを考えるなら、髪の毛は染めるべきではない。それでもヘアカラーを行うなら、植物ベースの製品を選択するべき」とのこと。

その後、20日間の治療でチェンさんの症状は、かなり回復。

しかし、化学物質によって傷付いた肝臓を元の状態へ戻すのは難しく、今後、肝臓がんを発症するリスクが高いと言う。

定期的に髪を染めている人は、まず、どんな化学物質が自分の頭皮から吸収されているのかをチェックしよう。

こんな海外の怖い話も…

source

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

海外の怖い話まとめ 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

-閲覧注意の怖い話まとめ
-

© 2022 海外B級ニュース