【新種発見】ヒアリよりヤバイ!爆発して毒を撒き散らす自爆アリは敵を道連れ

近年、日本各地で南米原産のヒアリが発見され、深刻な問題となっています。

強い毒のヒアリ「国内では定着せず」 環境省が見解(18/01/16)強い毒のヒアリ「国内では定着せず」 環境省が見解(18/01/16)

ヒアリはアルカロイド系の毒を持ち、刺されるとアナフィラキシーショックで死亡することもあるとか…

しかし、そんなヒアリに負けず劣らずの高い戦闘能力を持つ新種のアリが、東南アジアのボルネオ島で発見されたそうです…

[originalsc]

ヒアリよりヤバい新種「自爆アリ」

爆発して毒を撒き散らす自爆アリ
Photo|livescience

ボルネオ島の熱帯雨林で発見された新種のアリ「コロボプシス・エクスプローデンス」は、赤黒いボディーカラーで、一見するとヒアリに似てるようにも見えるんですが、生態が全く異なります。

なんと「コロボプシス・エクスプローデンス」は外敵に襲われ絶体絶命になると自爆して敵に粘着性の毒液をぶち撒け道連れにしてしまうのです。

爆発して毒を撒き散らす自爆アリ
Photo|livescience

ドラゴンクエスト的に言えば「まるでメガンテを唱える爆弾岩の如し…」

この自爆行為によって自分の命を犠牲にして、仲間たちが住んでいる巣穴を守っているとか…

発見者のオーストリアのウィーンにある自然史博物館に所属するアリス・レイシニーさんによれば「これはミツバチが外敵を刺すメカニズムと似ています」とのこと。

なぜ進化の過程で「自爆」することを選んだのか気になるところ。

ボルネオ島で発見されたばかりの自爆アリが、すぐ日本に上陸する心配は無いでしょうが、万が一、目の前に現れても刺激して毒まみれにならないよう気をつけてください…

[originalsc]

こんな海外のヤバい昆虫も…

[st-card myclass=”” id=”11421″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on” thumbnail=”on” type=””]

[st-card myclass=”” id=”6520″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on” thumbnail=”on” type=””]

[st-card myclass=”” id=”1693″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on” thumbnail=”on” type=””]

Source