中国の奇才発明家「移動用カニロボット」開発成功!夢の6本足歩行実現

「中国の下町ロケット」

そんなフレーズが頭をよぎる、池井戸潤先生もビックリなニュースが報じられております。

中国の発明家がカニロボット開発成功

中国の北京で農家を営むフー・ゼンリンさん54歳は、農作物を育てる傍ら、ガレージで面白ロボットを開発するインディーズの発明家。

そんなゼンリンさんが、先日、最新作となるビックリドッキリメカを世界に向けて公表した。

それがコチラ!!!

中国でカニロボット誕生

Photo|YouTube

中国でカニロボット誕生

Photo|YouTube

移動用のカニロボットだ!!!

ゼンリンさんは、これまでにもロボット犬、ロボット馬を作り上げた実績があるそうで、今回は満を持してロボット蟹の登場だ!!!

真っ赤なボディのカニロボットは車輪で移動するわけではないので、正直、乗り心地はよろしくないだろう。

しかし、6本の足をガチャガチャ動かして前進したり方向転換する様子は、ロボットアニメを見て育った世代には、熱いものがこみ上げてくるはずだ!!!

「カニなんだから横歩きじゃないとダメだろ?」

そんな心無いツッコミも聞こえてきそうだが、きっとゼンリンさんの暮らす北京のカニは「猪突猛進タイプ」で日本のカニとは生態がまるで違うはずさ。たぶんね。

中国でカニロボット誕生

Photo|YouTube

できたてホヤホヤのカニロボには、ゼンリンさんの友達も試乗したけど、素人には操縦が難しいとか。

近い将来、車やバイクなんかの移動手段に「カニ」が加わることになれば…何だか面白うそうだ!!!

こんな中国のオモシロ仰天ニュースも!?

中国で話題Huaweiスマホ最高の歌
中国で話題「Huaweiスマホ最高の歌」!子供達が企業ベタ褒めの不気味動画

1987年に中国の深センで設立されたHuaweiは、現在約170カ国に進出を果たす巨大通信機器メーカーへ成長。 しかし、 ...

続きを見る

中国版ネッシーの正体にガッカリ
ガッカリ都市伝説…中国版ネッシーの正体は長さ20mのゴムだった!

都市伝説を語る上で欠かせないメインディッシュと言えば「UMA」、つまり未確認生物です。 正体不明の未確認だからこそ、人々 ...

続きを見る

中国のインチキ速読教室に閉鎖命令
【詐欺】中国のインチキ速読学校に閉鎖命令!5分間で10万文字読める!?

お揃いの青い服にゼッケンを付けて、本をパラパラめくる子供たち… これは2019年10月に中国で行われた「本の速読大会」の ...

続きを見る

Source

みんな読んでる人気の記事

オススメのサイコパスホラー映画 1

自分の身の周りにいたら…と考えるとゾッとしますが、映画の中に登場するサイコパスは、最凶の悪役として物語を盛り上げてくれま ...

閲覧注意の海外の怖い話 2

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

世にも奇妙な恐怖症 3

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 4

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 5

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 6

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 7

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

-笑える面白ニュース
-

© 2020 海外B級ニュース