中国の下町ロケット!移動用カニロボットをインディーズ発明家が開発

中国の下町ロケット!移動用カニロボットをインディーズ発明家が開発

「中国の下町ロケット」

そんなフレーズが頭をよぎる、池井戸潤先生もビックリなニュースが報じられております。

 

インディーズ発明家のカニロボット

中国の北京で農家を営むフー・ゼンリンさん54歳は、農作物を育てる傍ら、ガレージで面白ロボットを開発するインディーズの発明家。

そんなゼンリンさんが、先日、最新作となるビックリドッキリメカを世界に向けて公表した。

それがコチラ!!!

中国でカニロボット誕生
Photo|YouTube
中国でカニロボット誕生
Photo|YouTube

移動用のカニロボットだ!!!

ゼンリンさんは、これまでにもロボット犬、ロボット馬を作り上げた実績があるそうで、今回は満を持してロボット蟹の登場だ!!!

真っ赤なボディのカニロボットは車輪で移動するわけではないので、正直、乗り心地はよろしくないだろう。

しかし、6本の足をガチャガチャ動かして前進したり方向転換する様子は、ロボットアニメを見て育った世代には、熱いものがこみ上げてくるはずだ!!!

「カニなんだから横歩きじゃないとダメだろ?」

そんな心無いツッコミも聞こえてきそうだが、きっとゼンリンさんの暮らす北京のカニは「猪突猛進タイプ」で日本のカニとは生態がまるで違うはずさ。たぶんね。

中国でカニロボット誕生
Photo|YouTube

できたてホヤホヤのカニロボには、ゼンリンさんの友達も試乗したけど、素人には操縦が難しいとか。

近い将来、車やバイクなんかの移動手段に「カニ」が加わることになれば…何だか面白うそうだ!!!

 

Source

中国関連記事:1000年前の仏像が修復失敗で批判殺到

中国関連記事:ロシアのビーチで中国人観光客に大ブーイングの理由

笑える面白ニュースカテゴリの最新記事