世界最速「コロナウイルス映画」4月公開!?人種差別と細菌の恐怖を描く

いつかは公開されるだろうなと思っていましたが、早くもコロナウイルスを題材にした映画が公開されるようです。

まだ解決の目処すらたっていないコロナウイルスの映画作品は、どのような内容なのでしょうか?

世界最速「コロナウイルス映画」4月配信!?

世界最速のコロナウイルス映画公開間近

アメリカの各都市でロックダウンが発生するよりも早く、2月14日からコロナウイルスを題材にした映画「コロナ」の撮影をスタートさせていたのはペルシャ系カナダ人のモスタファ・ケシュヴァリ監督。

すでに作品のポスターや予告編動画も公開されていて、早ければ2020年4月からストリーミング配信が開始されるとのこと。

あらすじは「エレベーターの中に7人の男女が閉じ込められ、1人のアジア系の女性が咳き込み始めたことで混乱が起きていく…」という密室パニック系作品のようです。

映画「コロナ」についてモスタファ監督は、次のようにコメントしています。

「この映画は、ウイルスよりも自分と異なる人種への恐怖を描いた作品となっています。作品を見た観客が団結してコロナウイルスに立ち向かうこと望んでいます」

世界最速のコロナウイルス映画公開間近

確かに、コロナウイルスが世界中に拡散し始めた頃始めた頃、パリの和食屋が嫌がらせを受けるなど、各地でアジア人への差別的な言動、行動が問題となりました。

モスタファ監督の映画「コロナ」が人種問題と新種のウイルスへの恐怖をどのように描いているのか気になります。

いつ頃から日本で配信されるのか現時点では分かりかねますが、待ちきれない人たちのために、おすすめの「ウイルスパニック系映画」を紹介します!!!

次のページへ >

カテゴリー

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

© 2021 BQ NEWS