中国版ハウルの動く城!?ロボット足198本で築85年の校舎が大移動!

2004年に公開されたスタジオジブリのアニメ映画「ハウルの動く城」に登場した動く城は、4本の足で生き物のように荒野を移動することが出来る。

そんな「ハウルの動く城」のように、中国で古い建造物に足を装着して移動させることに成功した!!!!

ロボット足198本で築85年の校舎が大移動

1935年に建築された上海の小学校は、取り壊しの危機にあった。

土地の再開発でショッピングモールの建設が決定したからだ。

しかし、築85年の歴史ある校舎を取り壊してしまうのは惜しい…

そこで…

中国版ハウルの動く城

校舎の土台にロボットの足を取り付けて、別の場所へ移動させ取り壊しを回避するプロジェクトが立ち上がった!!!

中国版ハウルの動く城

重量が約7600トンある校舎を移動させるため、油圧式で稼働するロボット足198本を装着。

中国版ハウルの動く城

その結果…

巨大な校舎を移動させることに成功したのだ!!!

過去に、レールを敷いて建造物を移動させた例もあるが、ロボットの足で移動させたのは、これが世界初。

ハウルの動く城のようにグングン進むことは出来なが、ゆっくりゆっくり動くこと18日間で62m。

これでも、レールを敷いたりするより作業時間は20%以上も短縮。さらに、ロボット足なら建物を直線的に移動させるだけじゃなく、回転させることも可能なのだ。

ロボット足のついた家ごと引っ越す未来はすぐそこ!?

ハウルの動く城 1 魔法使いハウルと火の悪魔 (徳間文庫)

ハウルの動く城 1 魔法使いハウルと火の悪魔 (徳間文庫)

ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
361円(11/24 16:46時点)
発売日: 2013/03/15
Amazonの情報を掲載しています

こんな中国の面白ニュースも!?

中国から届いた謎の種植えてみた
中国から届いた「謎の種」植えてみた→グングン成長して謎の巨大野菜誕生

中国から届く「謎の種」騒動 2020年の夏に、世間をザワつかせている「中国から届く謎の種」問題。 アメリカや日本の一般家 ...

続きを見る

中国の新型肺炎対策で麻雀卓がぶっ壊される
「麻雀狩りだ!」中国の新型コロナウイルス対策で警察が「麻雀卓をぶっ壊す」

中国の武漢市から世界中に拡散した、新型コロナウイルスによる肺炎が猛威をふるっています。 中国では国の威信をかけて対策が進 ...

続きを見る

未解決の謎ー中国にある蚊のいない村
未解決の謎!中国に「蚊の存在しない村」があった!カエル神の神通力か!?

「蚊」の季節がやって来ましたね。 断りもなく生き血を吸って痒みを残していく厄介な相手ですが、中国某所には「全く蚊の存在し ...

続きを見る

source

みんな読んでる人気の記事

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

世にも奇妙な恐怖症 2

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 4

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 5

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

-笑える面白ニュース
-

© 2020 海外B級ニュース