世界の仰天ニュース

超珍味「メキシコのキャビア」は昆虫の卵!?アステカ文明の頃から食され味は干しエビ?

「神の食べ物」「メキシコのキャビア」と呼ばれ、千年以上前から珍重されてきた食材が存在します。

ただし、普通のキャビア、チョウザメの卵が大好物だからと言って、メキシコのキャビアが口に合うとは限りません。

なんとメキシコのキャビアは…

メキシコのキャビアは昆虫の卵

水中に生息する昆虫の卵なのです!!!!

水生昆虫の卵「メキシコのキャビア」とは!?

メキシコの首都メキシコシティ郊外に位置するテスココ湖に、ミズムシと呼ばれる水生昆虫が生息しています。

このミズムシの産卵期になると、漁師は葦の茎の束をテスココ湖の水中に仕掛けて約3週間放置。すると、その間にミズムシのメスが卵をビッシリ産卵。

この卵を収穫して天日干しで十分に乾燥させたものが、珍味「メキシコのキャビア」です。

メキシコのキャビアは昆虫の卵

黄金色をした卵を、地元の人達は「喜びの種」と呼んで、古くはアステカ時代の頃から珍重。

主な食し方としては、小麦粉と混ぜたものを高温の油でカラッと揚げて、コロッケのように調理。実際に食べた人によると「干しエビっぽい味がする」とのこと。

超珍味メキシコのキャビアは消滅の危機!?

メキシコのキャビアは昆虫の卵

歴史あるメキシコのキャビアですが、メキシコ旅行で食べようと思っても、普通のレストランでは、ほとんどお目にかかることは出来ません。

と言うのも、メキシコでも若い世代は昆虫の卵を嫌うため人気がなく、メキシコのキャビアの存在すら知らない世代も増えているとか。つまり人気がないのでメニューに乗せても商売にならないのです。

更に、テスココ湖の漁師も減少していて、長く続いてきた食文化の一つが、長い歴史を持つメキシコのキャビア食文化は消滅しつつあるとか…

こんな驚きのグルメニュースも!?

料理写真を撮影すると体重が増える
【肥満研究】SNS投稿用に料理写真を撮影すると太ることが判明!食事前撮影のデメリット

InstagramやTwitterなどのSNSに投稿するため、食事の前にスマホで料理写真を撮影するのが習慣になっていませ ...

続きを見る

トースターでステーキ焼いて自宅全焼事件
危険!トースターでステーキ肉を焼いたら自宅全焼!肉の脂で火災発生のリスクが増大!!

こんなことを考えたことありますか? 「トースターでステーキ焼けるんじゃないか?」 確かに、一般的なステーキのサイズならト ...

続きを見る

source

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

フォローお願いします!!!

総アクセス数BEST5

海外の怖い話まとめ 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

不気味な失踪事件 4

ある日突然、人が姿を消す。 まるでドラマや映画のような失踪事件が世界中で報道されている。 捜索の結果、失踪者が見つかるこ ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 5

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

-世界の仰天ニュース
-

© 2023 海外B級ニュース