【閲覧注意】「超怖い都市伝説」トラウマに残る恐ろしい噂まとめ

怖い都市伝説4「睡眠実験」

prison

1940年代後半の話。

ソビエト連邦の科学者は「不眠が人体に与える影響」を調べるため、刑務所の協力を得て実験を行なった。

実験対象に選ばれた受刑者5人の監房は鍵がかけられ、不眠を誘発するガスが放出された。

強制的に眠気を奪われた囚人たちは、どうなったのか?

一睡もしないまま5日が経つと、受刑者たちは、徐々に頭がおかしくなり、狭い監房の中で奇行を繰り返し、奇声をあげ始めた。

そして実験開始から15日後、監房の中を覗いた科学者たちは恐怖した。

正気を失った受刑者たちは自分の肉体を引きちぎって食べていたのだった…

怖い都市伝説5「ガガーリンじゃなかった」

ガガーリンじゃなかった

1961年に世界初の有人宇宙飛行を成し遂げた人物といえば「地球は青かった」でお馴染みのソビエトの軍人ユーリイ・ガガーリンだ。

しかし「人類で初めて宇宙に行ったのはガガーリンではない」と主張する人達がいる。

「宇宙飛行から初めて地球へ生還したのはガガーリンだけど、彼よりも以前に宇宙へ行って地球に戻ってこれなかった飛行士がいるはずだ」

当時は世界東と西に分断した冷戦真っ只中で、アメリカとソ連が宇宙開発を競い合っていた時代。

特にソビエトの宇宙計画は徹底した情報管理で厚い秘密ベールに包まれていた。

後にソビエト連邦が崩壊したタイミングで、冷戦当時の宇宙計画に関する文書が公開されると、そこに大きな問題があったと記されていた。

発展途上にあった人類の宇宙進出は、安全対策も手探り状態だったため、ガガーリン以前に宇宙飛行から生還できなかった人物がいても不思議じゃないと言うのだ…

もしこの話が真実ならば、今でもソビエトの宇宙飛行士が宇宙の何処かを彷徨って…

怖い都市伝説6「ラ・ロローナ」

メキシコ都市伝説ラ・ロローナ

今から100年ほど前のメキシコに、マリアという美しい女性がいた。

マリアは裕福な男性と結婚し、二人の子宝に恵まれた。

しかし幸せな時間は長く続かなかった。

徐々に夫は自宅で過ごす時間が少なくなっていき、マリアに冷たくなっていった。

そんなある日、子供達と散歩にでかけたマリアは、夫が知らない女性と一緒にいるところを目撃してしまう。

怒りで我を忘れたマリアは、子供達を川に投げ込んで殺害してしまった。

すぐに、自分がとんでもない事をしてしまったと後悔したマリアは、川に飛び込み自殺した。

翌日、マリアの遺体は村の墓地に埋葬されたが、子供達の遺体は発見されなかったと言う。

しばらくして、村人たちはマリアが埋葬された墓地の近くを通ると、どこからともなく女性のすすり泣く声を聴くようになった。

「私の子供はどこにいるの…」

それは、死んだマリアの声にそっくりだった。

そして、死者を埋葬する時に着せる、白くて丈の長いローブを着た女性が、夜の川岸を歩いている姿も目撃されるようになる。

天国へ行くことの出来なかったマリアは、今でもメキシコの街を彷徨いながら子供たちの遺体を探していると言われている。

その姿が、度々目撃されているのだ…

次のページへ >

みんな読んでる人気の記事

オススメのサイコパスホラー映画 1

自分の身の周りにいたら…と考えるとゾッとしますが、映画の中に登場するサイコパスは、最凶の悪役として物語を盛り上げてくれま ...

閲覧注意の海外の怖い話 2

海外で語られている洒落にならないほど怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全39話は、読み終 ...

世にも奇妙な恐怖症 3

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 4

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 5

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 6

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 7

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

-閲覧注意の怖い話まとめ
-, ,

© 2020 海外B級ニュース