「超怖い都市伝説」まとめ…トラウマに残る閲覧注意な恐ろしい話

「獣の犠牲者」

悪魔

1958年11月14日にリリアン・グレイは77歳でこの世を去り、ユタ州ソルトレイクシティーの墓地に埋葬された。

彼女の墓石には、こう書かれている。

「666 獣の犠牲者」

言わずもがな666はキリスト教徒が忌み嫌う悪魔の数字。

しかも、リリアン・グレイが自然死だったことは明らかで、死の前後に不審な出来事はない。

では、何故このような気味の悪い一文が墓石に刻まれているのか?

原因は、彼女の夫のエルマー・グレイにあったと言われている。

夫のエルマーは反社会的かつエキセントリックな人物で、謎めいた過去の持ち主だった。

彼は、妻の墓石に不吉なメッセージを刻み、人々の反応を楽しんでいたのではないかと言われている。

その墓石がこちら…

lilly-grey

「顔無しチャーリー」

海外の怖い話

深夜の路上やトンネルで、向こうから誰かがやってくる…

気のせいか、近づいてくる人物は奇妙な光を放っているように見える。

すれ違いざまに、その人の顔を覗き込むと、目も鼻も口も無く、ぽっかり穴が開いているだけだった…

これは、アメリカの有名な都市伝説「顔無しチャーリー」。

唐突に路上で異形の者と出くわすストーリーは、日本の「口裂け女」にも近いが、「顔無しチャーリー」の都市伝説は、実在した人物をベースにしている。

レイモンド・ロビンソンはペンシルベニア州に実在した人物で、1985年に74歳でこの世を去った。

レイモンドの顔には、子供の頃に不慮の事故で負った重度の火傷の跡が残っていたため、彼は人目を避けて深夜に外を徘徊していた。

その時、偶然彼を見かけた人々はレイモンドの顔を見て怯え、口々に深夜に出現する顔の焼けただれた男のことを噂した。

このレイモンドに関する噂が広がっていくにつれて、深夜に現れる顔無しチャーリーの都市伝説が生まれたと言われている…

「その手をナメたのは…」

犬が好きな音楽はレゲエ

その日少女は、一人で留守番をしていた。

テレビでは、ある凶悪犯が脱走したニュースを盛んに報じていた。

夜もふけ、そろそろ眠ようと少女は家の戸締りを確認して、愛犬と一緒にベッドで眠りについた。

日頃から、愛犬は寝ている少女の手をナメることがあった。

その日の夜も、自分の手がナメられているのを感じたが、少女は気にすることなく眠り続けた。

翌朝、少女がバスルームへ行くと、そこには切断された愛犬の頭がシャワーヘッドからぶら下がっていた。

そしてバスルームの壁には、赤い血でこう書かれていた。

「手をナメるのは犬だけじゃないよ」

次のページへ >

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

© 2021 海外B級ニュース