【バカ七変化!?】逮捕されるたび顔にTatooちょい足し男

フロリダ州に住む25歳のロバート・ハーディスターは、窃盗を繰り返して何度も警察に捕まっている小悪党だ。

まあ、病的な窃盗癖は別に珍しくもない。

しかし、このロバート青年が注目を集めている理由は、彼が「逮捕されるたびに顔が変わっていく男」だからだ。

この説明だけだと「えっ!?怪人20面相みたいな感じ?」と誤解する人もいるかもしれないが、そんな大層なものではない。

ロバートは「逮捕されるたびに顔にTatooをちょい足しした結果すごくバカみたいに仕上がってしまった男」なのだ。

 

顔面にTatooちょい足しの歴史

 

では、彼の歴史を振り返ってみよう。

 

顔面Tatooちょい足し男

※画像はパームビーチ郡保安官事務所が撮影

 

左の写真は2009年に撮影された記念すべきロバート初のマグショット(逮捕された時に撮影する写真)。

当時18歳のロバートくんは「ハリー・ポッター」ダニエル・ラドクリフ系の愛嬌がある顔立ちで犯罪とは無縁にも思える。

しかし、その次に逮捕された時は、頭を丸め、目尻にワンポイントの涙Tatoo。

首は太くなり、初犯のときの面影はあるものの、何だか危ない香りがただよい始めたではないか。

 

顔面Tatooちょい足し男

※画像はパームビーチ郡保安官事務所が撮影

 

左は2013年に撮影されたマグショット。

髪は金髪になり、目つきもぐっとヤバイくなってきている。

その数ヶ月後が右の写真。

いきなり顔の余白がゴチャついて近寄り難さは急上昇!

 

顔面Tatooちょい足し男

※画像はパームビーチ郡保安官事務所が撮影

 

左はまたまた2013年に撮影。

Tatooの計画性の無さが物語っているかのように、行き当たりばったりで法を犯すロバート。

そして、右は2014年撮影。

もうTatooのデザインを考えるのが面倒くさくなったのか、ついに余白を塗りつぶし始めた!

なんとなく南米ギャングっぽいのを目指した感はあるが、迫力よりもバカっぽさが目立つ逆転現象が起きはじめている点は非常に興味深い。

 

顔面Tatooちょい足し男

※画像はパームビーチ郡保安官事務所が撮影

 

そして2016年9月、盗んだトラックで寝ているところを逮捕され時のマグショットがこれ!

過去を無かったことにするかのように黒塗り部分が増え「教科書にの偉人の写真に鉛筆一本でイタズラ書きした」レベルの仕上がりとなっている。

この虚ろな目でロバートは、どんな未来を見ているのか?

「もう盗みなんかするんじゃないぞ!」

と言っても、ロバートは顔面にTatooちょい足しして、また捕まるんだろうな…

 

ソース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。