【閲覧注意】精神病患者が不気味な言葉を刻み込んだ100本の木々

シェアシェアー

幽霊や妖怪などの不確実な現象よりも、人間の狂気による怖さは後味が悪い。

アメリカのとある公園には、心を病んでしまった人物の狂気の片鱗が今でも遺されている…

スポンサーリンク

100本以上の木に刻み込まれた不気味な言葉

アメリカのメリーランド州セシル郡にあるペリーヴィル・コミュニティ公園。

ここは一般に開放された普通の公園なのだが、オカルトや都市伝説など、趣味の悪い話を好む人達の間で観光スポットとなっている。

その訳は、この公園に不気味な言葉の刻まれた木が100本以上も群生しているからだ。

それがこちら…

Eddie Keny.jpg
By Adam Rybczynski

Christ said to police there was no second World War, CC BY-SA 3.0, Link

公園内には、このように文字の刻まれた木が100本以上あり、その文字やフレーズがなんとも不気味。

一例を紹介すると…

  • 殺人者
  • 助けてくれ
  • 警察
  • 歩兵
  • 兵器
  • 王の王、主の主
  • ハルマゲドンの戦い
  • 天国の門
  • ニクソン
  • 悔い改める

ネガティブワードや、軍隊関係、キリスト教関係などの単語が支離滅裂に羅列されている。

Christ said to police there was no second World War.jpg
By Adam Rybczynskihttp://hdghistory.wordpress.com/2011/01/02/7/attachment/1230001428/, CC BY-SA 3.0, Link

中には、文章のように読めるものもあるが…

「エディ・ケニーはジョージ・ノリスを殺したくなかった。でも聖イグナティスは彼を作った」

「キリストは警察に『第二次世界大戦は無かった』と伝えた」

「修行僧はテイラー・ホリーを殺したくなかった」

「1960年10月18日 ボルチモア市は、まだ信じていない カレンダー 警察」

「生まれたばかりのリンドバーグはC&Pの電話係ウィーデルに殺された。これはボルチモアの噂話ではなく、ニューアークの出来事」

果たして、誰がこのような言葉を木に刻み込んだのか…?

スポンサーリンク

シェアシェアー

フォロフォロー