仰天実話|ホームレス大富豪!心を病んで失踪した王家の子孫が路上生活

シェアシェアー

近年、イタリアでは行方不明者が増加していて、2015年には35,000人の行方がわからなくなっている。

そんなイタリアのミラノで2016年1月に一人の女性が失踪した。

大部分の行方不明者がニュースとして取り上げられることもない中、この女性に注目が集まったのには大きな理由があった。

それは、彼女がイランの王家の血をひく大富豪だったからだ。

スポンサーリンク

心を病んだ大富豪

世界仰天実話ホームレス大富豪

Photo|news.com.au

イランで生まれたアリアナ・レイクさんは、子供の頃にイギリスのロンドンへ移住。

名門ケンブリッジ大学、チェルトナム・レディース・カレッジを卒業した秀才で、4つの言語を操り、映画業界で働いていた。

しかし実は、アリアナさんはイラン王家の子孫で、莫大な資産を持つ大富豪。

そんな彼女が、イタリアで宿泊していたミラノのホテルで目撃されたのを最後に姿を消してしまった。

金銭目的で事件に巻き込まれたのか?

まるで神隠しにでもあったように、アリアナさんの行方には何も手がかりがなかった。

ただ、姉妹のレイラさんの証言によれば、アリアナさんは深刻な心の病を抱えていたと言う。

「彼女はとても明るく活発な性格したが、非常に傷つきやすい繊細な面もありました。2016年1月に彼女の携帯が繋がらなくなり、ロンドンで住んでいたアパートにも戻ることなく、家族は連絡を取ることが出来なくなっていました」

20代の頃から統合失調症と双極性障害の症状に苦しんでいたが、自分の考えを曲げないアリアナさんは、医師の処方する薬を飲むことを頑なに拒否していた。

一刻も早いアリアナさんの発見を願う家族は、私立探偵のチームを雇い、イタリアで捜索を開始した。

その結果、アリアナさん失踪事件は思わぬ結末を迎える…

スポンサーリンク

シェアシェアー

フォロフォロー