世界の仰天ニュース

仰天実話「ホームレスになった大富豪」心を病んで失踪した王家の子孫が路上生活者になっていた

近年、イタリアでは行方不明者が増加していて、2015年には35,000人の行方がわからなくなっている。

そんなイタリアのミラノで2016年1月に一人の女性が失踪した。

大部分の行方不明者がニュースとして取り上げられることもない中、この女性に注目が集まったのには大きな理由があった。

それは、彼女がイランの王家の血をひく大富豪だったからだ。

心を病んだ大富豪

世界仰天実話ホームレス大富豪

Photo|news.com.au

イランで生まれたアリアナ・レイクさんは、子供の頃にイギリスのロンドンへ移住。

名門ケンブリッジ大学、チェルトナム・レディース・カレッジを卒業した秀才で、4つの言語を操り、映画業界で働いていた。

しかし実は、アリアナさんはイラン王家の子孫で、莫大な資産を持つ大富豪。

そんな彼女が、イタリアで宿泊していたミラノのホテルで目撃されたのを最後に姿を消してしまった。

金銭目的で事件に巻き込まれたのか?

まるで神隠しにでもあったように、アリアナさんの行方には何も手がかりがなかった。

ただ、姉妹のレイラさんの証言によれば、アリアナさんは深刻な心の病を抱えていたと言う。

「彼女はとても明るく活発な性格したが、非常に傷つきやすい繊細な面もありました。2016年1月に彼女の携帯が繋がらなくなり、ロンドンで住んでいたアパートにも戻ることなく、家族は連絡を取ることが出来なくなっていました」

20代の頃から統合失調症と双極性障害の症状に苦しんでいたが、自分の考えを曲げないアリアナさんは、医師の処方する薬を飲むことを頑なに拒否していた。

一刻も早いアリアナさんの発見を願う家族は、私立探偵のチームを雇い、イタリアで捜索を開始した。

その結果、アリアナさん失踪事件は思わぬ結末を迎える…

ホームレスになっていた王家の子孫

世界仰天実話ホームレス大富豪

Photo|news.com.au

2016年1月の失踪から1年半以上が経過した2017年9月。

家族に雇われていた私立探偵が、多くの人が行き交うミラノの広場でアリアナさんを発見した。

アリアナさんは錯乱し酷く怯えた状態だったが、自分の名前には反応。

その後、本人から話を聞くと、驚きの事実が明らかとなった。

「詳しく説明することが出来ません…たぶん…私は歩いていて…強盗に襲われて…地面に頭を強く打ち付けたんだと思います…」

2016年1月にホテルを出た後に、アリアナさんは強盗に襲われ頭を強打。その影響で、今でも当時の記憶が曖昧だと言う。

そこからアリアナさんは、これまでの何不自由ない暮らしには戻らず、ミラノの路上でホームレス生活を送るようになった。

「私はミラノを愛しています。住人や通行人、ボランティアの人たちが手を差し伸べてくれましたが、私はお断りしました。何もしたくなくて…お断りしました」

ずっと抱えていた心の病や、強盗に襲われたショックから元の生活に戻ることが出来なくなってしまったアリアナさんは、発見された後もイギリスへ戻ることを拒否しているとか。

「彼女は強い意志の持ち主で、今は深刻なほど心を病んでいます。医者の診察も拒否しているし、イギリスにも帰りたがらないので家族はとても心配です」

良家に生まれて莫大な資産を相続するのも、庶民にはわからないストレスがあるのかもしれない…

source

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

海外の怖い話まとめ 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

-世界の仰天ニュース

© 2022 海外B級ニュース