本当にあった怖い未解決事件

未解決事件の殺人鬼ゾディアックと瓜二つ…自殺した謎の老人は真犯人なのか?

孤独な老人はゾディアックなのか?

確かに、他人の戸籍を不正に入手して成りすますのも重大な犯罪だが、自殺から17年が経った現在でも、警察はロバート・ニコルズに関する捜査を打ち切っていない。

そこには、ある噂が囁かれている…

「ロバート・ニコルズはゾディアック事件の真犯人だったんじゃないか?」

「ゾディアック事件」とは、今から50年ほど前、1968年から1974年にかけて、アメリカのサンフランシスコ周辺で同一犯によって5人が殺害された事件。

犯人は「ゾディアック」と名乗り、警察や新聞社に犯行声明や暗号文を送りつけ、世間を震撼させた。

その後、犯行はプツっと途絶えてしまい、ゾディアックは逮捕れず事件は未解決のままとなっている。

ロバート・ニコルズとゾディアックの時系列を確認しよう。

1964年にロバート・ニコルズが家族の前から失踪…

1968〜1974年に殺人鬼ゾディアックが暗躍…

1978年からロバート・ニコルズはジョセフ・ニュートン・チャンドラーに成りすます…

ちょうどゾディアック事件と前後して、ロバート・ニコルズは家族の前から姿を消し、そして別人に成りすましているのは明らか。

それだけではない。

この「ゾディアック=ロバート・ニコルズ説」が根強い一番の理由がコチラ…

自殺した謎の老人は未解決事件の殺人鬼ゾディアックなのか

左が、ゾディアックの目撃証言を元に作成された似顔絵。

右が、自殺したロバート・ニコルズ。

あまりにも似ていると思わはないか?

年齢に差があったとしても、輪郭からシワの特徴、メガネのフレームの形まで、共通する点が非常に多い。

さらに、ゾディアック事件で被害者が殺害された現場からは、アメリカ軍に所属した兵士に支給されるブーツと同じ型の足跡が発見されている。

ロバート・ニコルズは、元アメリカ海軍所属だったので、同じ型のブーツを所持していた可能性は高い。

極めつけは、ロバート・ニコルズの捜査にあたっていた警察官が会見を開いた時のこと。

ゾディアックとの関連について尋ねられた警察は、次のようにコメントした。

「ロバート・ニコルズはゾディアック事件の容疑者から完全に除外されたわけではない」

生前のロバート・ニコルズには経歴もなく「風変わりな人物だが親切だった」と、知人の中には養護する声もあるが…

果たして、年老いた老人の自殺と未解決事件を結ぶ不気味な伏線は、この先、回収されるのだろうか?

こんな不気味な記事も…

関連記事:全部実話…あまりにも恐ろしい海外未解決事件まとめ

関連記事:【閲覧注意】海外で話題になった、後味の悪い怖い話短編集

みんな読んでる人気の記事

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全39話は、読み終 ...

本当にあったクリスマスの怖い話 2

世界中が幸せに包まれるクリスマスですが、その最中に、事件や事故に巻き込まれてしまう不幸な人も… 過去に報道されたニュース ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 4

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

不気味な失踪事件 5

ある日突然、人が姿を消す。 まるでドラマや映画のような失踪事件が世界中で報道されている。 捜索の結果、失踪者が見つかるこ ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 6

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 7

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

本当に怖い恐怖症の世界 8

たぶん… 何のためらいもなくバンジージャンプを飛べてしまう人に「高所恐怖症の恐ろしさ」を共感してもらうのは難しいんじゃな ...

動物動画ニュースまとめ 9

海外のニュースで話題になった最新の動物系動画を更新中!!! ゴージャスなジャンプ オーストラリアのメルボルンに華麗なジャ ...

-本当にあった怖い未解決事件
-,

Copyright© 海外B級ニュース , 2019 All Rights Reserved.