埋葬直前にマラドーナの遺体から心臓が摘出された理由はフーリガン対策?

2020年11月25日。サッカー界のレジェンド、ディエゴ・マラドーナが、60歳の若さで亡くなった。

マラドーナの心臓の行方

母国アルゼンチンの国民は嘆き悲しみ、大統領府に安置されたマラドーナの遺体の弔問に、数十万人の人々が殺到したほど。

その後、マラドーナの遺体はブエノスアイレスにあるプライベート墓地で、両親の墓の隣に埋葬された。

あれから約1年が経過し、マラドーナの遺体埋葬に関して、新たな事実が明らかになった。

なんと、埋葬される直前に、マラドーナの遺体からは心臓が抜き取られていたと言うのだ…

埋葬直前マラドーナの遺体から心臓が摘出された理由とは?

マラドーナの遺体埋葬に関する新事実を明らかにしたのは、アルゼンチンの医者でジャーナリストのネルソン・カストロ氏。

新刊本「ディエゴの健康」を出版したカストロ氏は、本の宣伝も兼ねて出演したテレビ番組の中で、次のように述べた。

「熱狂的なフーリガングループが、埋葬後にマラドーナの墓を掘り起こして、心臓を盗み出す計画を立てていた。これを防ぐため、マラドーナの遺体から心臓が摘出された」

マラドーナの心臓の行方

なんとフーリガンによる盗難対策として、サッカーの神様の心臓は事前に摘出されたと言うのだ。

さらにカストロ氏は、摘出された心臓の行方に関しても明らかにした。

次のページへ >

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

© 2021 海外B級ニュース