まるでツチノコ!?巨大ヘビが自分より大きな○○を飲み込んで死亡

シェアシェアー

918日月曜日の早朝。

インドのクジャラート州に位置するバリアバド村で、村人騒然の出来事が起きた。

「今まで見たことないほど大きなヘビが大きなお腹で道端に転がってたからテンション上がったよ!」

一部始終を目撃した28歳のクマールさんが興奮気味に語るように、この日、村には全長6メートルはある巨大なニシキヘビが現れた。

しかも、そのお腹は異常なほどに膨れ上がっているではないか!!!

ご覧いただきたい。

巨大ツチノコ!?
※画像は「Mirror」のスクリーンショット

ヘビ柄がかすれてしまうほど胴体周辺は膨張し、まるで伝説の未確認生物ツチノコを巨大化したようにも見える。

目撃者の話によれば、この巨大ヘビはお腹に飲み込んだものが大きすぎて動くことが出来ない。

かといって、吐き出すことも出来ない。

ゆらゆらと頭部を動かしていたが、後に死亡してしまったそうだ。

スポンサーリンク

ニシキヘビが飲み込んでいたのは…



知らせを受けて近隣の森を管理している職員が現場に到着。

検証したところ、このヘビはカモシカを飲み込んでいたそうだ。


カモシカ

通常、ニシキヘビは、飲み込んだ獲物を消化するのに数日~数週間はかかる。

そのため、大きな獲物を一度捕食すれば、数週間~1ヶ月ほどは何も食べなくても生きていくことができるそうだ。

ただし、このカモシカを飲み込んだヘビは獲物が大きすぎたため、自分の胃袋を損傷。

それが原因で死に至ってしまった。

ヘビの専門家も、どのようにカモシカを飲み込んだのか首を傾げているとか。

ソース

スポンサーリンク

シェアシェアー

フォロフォロー