世界の仰天ニュース

死刑中止の理由「死刑囚の血管が見つからず注射針刺せなかった」肥満で静脈発見できず断念

2022年9月22日。この日、アメリカのアラバマ州にある刑務所内で、囚人の死刑が執行されるはずだった。が…

結局、死刑は執行されずに中止となってしまった。

スポーツの試合が雨で中止になるのとは訳が違う。執行日に死刑が中止になるなんて、本来はありえない話なのだが…

血管が見つからなくて死刑執行失敗

死刑中止の理由「死刑囚の静脈が見つからなかった」

アラン・ミラー(57歳)は1999年に拳銃乱射事件を起こし、3人を殺害した罪で有罪となり死刑判決が下された。

それからアラバマ州の刑務所内に収監されていて、ついに薬物注射による薬殺刑が執行されることになった。

しかし、死刑執行直前で問題が発生した。

死刑囚アランの静脈が見つからないのだ。執行官がいくらアランの腕を探しても、薬物を注射するための血管が見つけることが出来ない…

結局、3時間かけて死刑囚アランの腕の静脈を探したけれど、自信を持って注射針を刺せる場所が見つからず、死刑執行の令状に定められた時間までに薬物を注射することが出来なかったので、中止となった。

血管が見つからなくて死刑執行失敗

コチラは1999年に逮捕された当時のアラン・ミラー。太っているので血管が見つけづらいのかも知れない。採血や予防注射で血管が見つからず、看護師さんが手こずっている場面は見たことあるけれど、それで死刑執行が中止になるとは…

3ヶ月前の死刑執行でも…

これから、アラン・ミラーに対する死刑執行が失敗した詳しい原因について、検証が行われるとのこと。

ただ、アラバマ州では2ヶ月前にも、死刑の執行が失敗して中止となっている。

死刑囚ジョー・ネイサン・ジェームズに対する刑が執行されるはずだったけれど、同じく注射針を刺すための血管が3時間半かかっても見つからず、中止となった。

相次ぐ死刑執行の失敗には「長時間の苦痛を与えた」「非人道的だ」と、多くの批判が集まっている。

こんな死刑に関する仰天ニュースも!?

死刑囚が臓器提供で死刑を回避
死刑囚「臓器提供するから刑の執行ちょっと待って!」交換条件は成立するのか?

ラミロ・ゴンザレス39歳はアメリカのテキサス州にある刑務所に収監されているが、彼が生きて刑務所から出ることはない。 ラミ ...

続きを見る

死刑囚だって注射が怖い
死刑囚だって注射が怖い!囚人4名が新たな死刑方法を求めて裁判開始

現在のところ、日本で死刑と言えば「絞首刑」一択で、その他の選択肢は認められていない。 一方、アメリカ合衆国は州によって死 ...

続きを見る

ゴキブリの死刑を執行した芸術家炎上
電気椅子でゴキブリの死刑執行した芸術家「残酷すぎる」と批判殺到で炎上

フィリピンの都市パシッグに住む芸術家ガブリエル・トゥアソン氏が投稿した動画に、多くの批判が集まっている。 それは「家の中 ...

続きを見る

source

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

海外の怖い話まとめ 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

-世界の仰天ニュース
-

© 2022 海外B級ニュース