【怖い未解決事件】人気小説家の不自然過ぎる自殺と人種差別団体の脅迫

潜入取材の失敗か…?

親しかった知人の話では、新作執筆のリサーチでユージーンはインディアナ州で活動している人種差別的な白人至上主義グループに潜入取材を行っていた。

しかし、身分を隠した潜入取材中にトラブルが起きてしまい、電話による脅迫を受けていたことが明らかになっている。

この事実はシカゴの地元新聞でも報じられたが、ユージーンの死に関しては1人の逮捕者も出ず、警察の捜査は「自殺」として打ち切られた。

そして皮肉なことに、ユージーンの書籍で最も売れたのは、彼の死後に出版された「The Criminalist(犯罪学者)」ということ…

こんな海外の怖い話も…

関連記事:【閲覧注意】ガチで怖い未解決事件まとめ…凶悪犯罪のヤバイ謎と真相

関連記事:恐怖の「サイコパス映画」おすすめ11本…人間が怖いホラー作品まとめ

みんな読んでる人気の記事

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

世にも奇妙な恐怖症 2

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 4

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 5

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

-本当にあった怖い未解決事件
-

© 2021 海外B級ニュース