リアル鳥人間…2年間で20個の卵を産んだ14歳男子に医学界が動揺

リアル鳥人間…2年間で20個の卵を産んだ14歳男子に医学界が動揺
maria
Alexas_Fotos / Pixabay

処女のままイエス・キリストを身籠った聖母マリアの逸話は、自然界の法則を越えた「奇跡」として語り継がれてきました。

そんな聖母マリアの奇跡も凌駕するほどの、信じ難い出来事にインドネシアの医師たちが頭を抱えているそうです。

なんと、14歳の少年が2年間で20個もの卵を体内から産み落としたと言うのです…

謎めく卵ボーイ

卵を産むインドネシアの少年
Photo|YouTube

インドネシアに住むアクマル君14歳の身体に異変が起き始めたのは、今を遡ること2年前。

体調不良を訴えて病院で診察を受けていたアクマル君は、医者の目の前で「お尻から2個の卵を産んだ」そうなんです…

人間が卵を産む…前代未聞の出来事に医師たちは驚愕。

卵を産むインドネシアの少年
Photo|YouTube

その時、医師たちがアクマル君が産み落とした卵を調べると、中には白身のような物質だけが入っていたとか…

少年が卵を産む奇妙な現象は、その後も続き、なんとアクマル君は、わずか2年間の間に20個もの卵を産み落としたのでした。

「2年間で息子は20個の卵を産みました。最初に息子が産んだ卵を割ってみた時、中は全て黄身が詰まっていたんです。その1ヶ月後に産んだ卵は、逆に中は白身だけでした」

卵を産むインドネシアの少年
Photo|YouTube

地元メディアのインタビューに答える父親のルスリさんにも、全く原因がわからないとか。

「息子が卵を丸飲みにした場面なんて見たことはありません。そんなことする理由も思い当たりません」

なぜアクマル君の体内から次々と卵が産まれるのか?

現在、検査を行っている病院関係者によれば…

世界仰天ニュースカテゴリの最新記事