世界一小さい刑務所は独房2個で公衆便所よりコンパクトサイズ!

凶悪犯が山ほどぶち込まれた巨大な刑務所は世界中にいくつも存在しますが、それらとは真逆の「世界一小さい刑務」があるのは、フランスとイギリスの間に位置するサーク島という小さな孤島。

ギネスが認めた世界一小さい刑務所

サーク島の島民は今も昔もわずか600人前後。その中から悪さした者を収容するためだけに作られた刑務所なので、とにかく小さい。

なんと刑務所と言っても石造りの独房が2つあるだけで、公園の公衆トイレよりもコンパクトサイズなのだ!!!

ギネスが認めた世界一小さい刑務所

ギネスが認めた世界一小さい刑務所

ギネス・ワールド・レコーズが「世界最小の刑務所」にも認定するほど小さいサーク島の刑務所が完成したのは1856年のこと。

ギネスが認めた世界一小さい刑務所

たった2つの独房の中には小さな木のベッドがあるだけ。一応、電気と暖房は完備されているので、見た目はアレでも意外と快適なんだそうです。

ギネスが認めた世界一小さい刑務所

そもそも人口が少ない上に島民が犯罪を犯すこともほとんどないため、100年以上稼働しているけれど使われたことはほとんど無し。

ただ、島の外からやって来た観光客が酒に酔って暴れ、たまにぶち込まれることもあるとか。

逮捕された有名人のマグショット集逮捕された有名人のマグショット集

こんな刑務所に関する仰天ニュースも!?

タトゥー入った猫を刑務所から保護!体にギャングのマークが彫られ…
警察に保護された1匹の猫がニュースで取り上げられるほど注目を集めています。猫が保護されたのは、なんと刑務所の中。そして猫の体には…刑務所の囚人の仕業だと思われるギャング集団のシンボルマークのタトゥーが入っていたのです…
【中国の闇】上級国民の「身代わり懲役」の噂は本当?金で刑務所回避?
中国では、超富裕層の上級国民が罪を犯しても、大金を払って代わりに刑務所へ服役してもらう「身代わり懲役」が、たびたび問題になっている…2009年に発生した交通事故は、当時20歳のフー・ビンが車を暴走させて人を跳ね飛ばし、殺害してしまったのだ。
【未解決の謎】刑務所に引きこもる全てが謎の男は名前も国籍も年齢も不明
様々なパターンの不気味で奇妙な未解決事件を紹介してきましたが、今回のケースは、かなり特殊です。発生した事件それ自体は、なんてことない詐欺事件で、すでに犯人も逮捕されていますが、未解決となってる理由は、犯人が何者なのか全く何も分からないから。