エクササイズ依存症で死にかけた女子高生と摂食障害オルトレキシア

新型コロナウイルスの感染拡大で外出する機会が減り、エクササイズに目覚めた人も多い。

しかし、エクササイズにのめり込むあまり、日常生活に支障をきたすほど依存してしまうと、もはや病気。

イングランドの都市ドンカスターに住む19歳のリサ・フーウェザーは、高校時代にエクササイズ依存症となり過剰な運動を続けた結果、体も心も病んで死にかけてしまった…

エクササイズ依存症の女子高生

エクササイズ依存症の女子高生

リサが運動にのめり込んだのは、高校のランニング部に入部したのがきっかけだった。

マラソンで自己ベストを更新したくてトレーニングを重ね、体作りのため食事にも気を使うようになった。

ところが、リサのトレーニングは次第に常軌を逸していった。

エクササイズ依存症の女子高生

朝に目を覚ますと、そのままハーフマラソンを走り、果物だけの朝食をとって学校へ行き、放課後も遅くなるまでグラウンドでトレーニングを行い、自宅に帰ってからも腹筋2時間、踏み台昇降7万回。Instagramにアスリートが投稿しているトレーニング方法も片っ端から試すなど、体を動かし続けた。

麻薬中毒者が薬切れで錯乱するように、リサも体を動かしていないと罪悪感にさいなまれるようになった。

そして、カロリーを気にしてフルーツなどしか食べなくなったことで体重は激減。

娘の異常に気付いた両親は、リサを精神病院へ連れて行った…

摂食障害「オルトレキシア」

エクササイズ依存症の女子高生

激しいエクササイズと偏った食事で、リサの体重は約37キロまで激減。精神科の医師は「オルトレキシア」と診断した。

オルトレキシアとは、ダイエットやエクササイズにのめり込むあまり、「体に悪い」「不健康だ」と思い込んだ食べ物が食べられなくなる摂食障害で、栄養失調や死に繋がる危険もある。

この時のリサは、体重以外にも骨密度の低下、脈拍の低下、生理が止まるなど、体はボロボロ。

医者は「心臓発作を起こす危険もある」と、リサに運動することをやめるよう警告したが、彼女は自分が間違っているとは認めず、「運動を止めたら自殺しちゃう」と突っぱねた。

すでにリサは体も心も病んでいたのだ…

次のページへ >

みんな読んでる人気の記事

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

世にも奇妙な恐怖症 2

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 4

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 5

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

-閲覧注意の怖い話まとめ
-,

© 2021 海外B級ニュース