本当にあった怖い未解決事件

【全部実話】怖い未解決事件まとめ…本当にあった凶悪犯罪のヤバイ謎と捜査で判明した真相

幻のシリアルキラー

1946年の2〜5月にかけて、アーカンソー州とテキサス州の間に位置する町テクサーカナで、連続殺人事件が発生した。

この短期間に5人が殺害され、住民を恐怖に陥れた。

この犯人は夜中になると獲物を物色し、誰にも見られていない場所を吟味して犯行におよんだ。

中には、自宅で新聞を読んでいたところ、窓越しに発泡され殺害された被害者も...

テクサーカナの町には夜間外出禁止が通達され、怯えた住民たちは家に閉じこもり銃で武装した。

警察は総力をあげて捜査を行ったが、犯人につながる手掛かりは全く見つからず、事件は迷宮入りとなった。

この事件をベースにしたホラー映画「The town that dreaded Sundown」が制作されて1976年に公開、2014年にもリメイクされた。

歴史研究家のジェームス・プレスリーは、2014年にこの未解決事件についての書籍を出版。

本の中でジェームスは「この事件の犯人はヨウエル・スウィニーという男だ」と断言している。

この男は泥棒の前科があり、連続殺人事件が発生した当時も容疑者となっていたが、逮捕されることはなかった。

実際、スウィニーの妻は「夫が犯人だ」と話していたが、法廷で証言するのを拒んだ。

スウィニーは別件の罪で1974年に刑務所へおくられ、73年に出所したが、真相は今も闇の中...

主婦の失踪

2006年1月25日の朝、アメリカのミズーリ州で不可解な事件が起きた。

夫が夜勤明けに帰宅すると、自宅に二人の子供を残したまま、妻のテレサ・バトラーが姿を消していた…

車は自宅に置きっぱなしだったが、彼女の携帯電話、サイフ、その他の貴重品が無くなっていたため、強盗事件に巻き込まれたとも思われたが、家に何者かが押し入った形跡はなく、子どもたちも異変には全く気付いていなかった。

その後の警察の捜査で、テレサ失踪当日に自宅からミズーリ州内の2ヶ所に電話がかけられていたことが明らかになった。

1人は彼女からの電話に気づかず、2人目は電話を取ったものの相手は無言だった証言した。

腑に落ちないのは、どちらの人物もテレサ・バトラーと面識がなく、失踪に関与している証拠も見つからなかったこと。

この電話は、本当にテレサ・バトラーがかけたのか?

現在でもテレサの行方はわかっていない。

次のページへ >

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

海外の怖い話まとめ 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

-本当にあった怖い未解決事件
-, , ,

© 2022 海外B級ニュース