意識低い系情報サイト

海外B級ニュース

閲覧注意の怖い話まとめ

【超閲覧注意】洒落にならない「怖い話」まとめ…最強レベルの短編怪談

更新日:

怖い話 No.9「深い森の小屋」

「あなた起きて」

妻が肩を揺するので私は目を覚まし、朦朧としながら小屋の中を見渡した。

暖炉の火は燃え尽き、もう娘はベッドで寝ているようだ。

「こんな夜遅くに、誰かがドアをノックしているようなの」

確かに、何かがドアを叩く音が聞こえる。

斧を掴んで立ち上がり、そっとドアを開けると、そこには10歳くらいの少年が立っていた。

少年は私を見て驚き固まっている。

しかし次の瞬間、男の子は森の中へ全力で駆け出した。

少年の足は早く、薄暗い森のなかで見失ってしまったが、近くで転ぶ音がしたので、傍に駆け寄って問いただした。

「何で、あんないたずらをしたんだ?」

少年は震えながら答える。

「そうしろって…パパに言われたんです」

嫌な予感がした。

「でも…なぜそんなことを…」

「おじさんを小屋から追い出すためだって」

私は妻と娘のいる小屋へ急いだ。

怖い話 No.10「おやすみなさい」

sleep

2011年秋。

製薬会社A社に勤務していた男が、イリノイ州シカゴ郊外のA社の工場で首を吊って自殺した。

男はA社で品質管理の責任者として真面目に働いていたが、人件費のコスト削減で解雇されたばかりだった。

工場の清掃員が、パジャマ姿でロープからぶら下がる男を発見した時、胸の部分には赤いペンキで「おやすみなさい」と書かれていた。

男の自殺から数週間後、奇妙な変死事件が相次ぐ。

健康に問題のない働き盛りの男女が、睡眠中に次々と窒息死したのだ。

しかも、その首にはロープを巻きつけて絞めたような跡が残っていたため、警察は家族、もしくは外部からの侵入者による殺人事件として捜査を進めたが、犯人逮捕に繋がるような物証や痕跡は見つからず。

ただ、被害者たちには一つの共通点があった。

それは、A社の睡眠薬を服用していたこと。

A社の睡眠薬を服用した人の中には、死に至ることはなかったものの、妙な体験をしたと語る人もいた。

ある女性は、睡眠薬を飲んで寝ていたが、息苦しくて夜中に目を覚ますと、パジャマ姿の中年男性が自分を見下ろしていたと言う。

男は女性の耳元で「おやすみなさい」と囁くと、ロープを女性の首に巻きつけて、ゆっくりと絞めていった。

ちょどその時、深夜に仕事から帰宅した夫が、ベッドの上で目を見開き口の端から血の泡を流す妻を発見。

夫の声がきっかけで、女性の前からはパジャマの男は消え、首を絞められている感覚も無くなったそうだ。

FDA(アメリカ食品医薬品局)は、直ちに睡眠薬の成分を分析したが、特に問題は発見できず。

しかし、その後も同様の変死事件が相次ぎ、睡眠薬との関連を疑う声が広がり始めると、A社は問題の商品を製造販売中止として工場も閉鎖した。

結局、一連の変死事件の原因も、正確な被害者の数も、いまだに問題の睡眠薬を所持している人の数も定かではない…

怖い話 No.11「キャンプの写真」

tent

都会とは全く縁のない田舎で育った私の楽しみは、ハイキングやキャンプなどのアウトドアが中心だった。

ある夏のこと、19歳の私は3泊4日で一人キャンプを楽しむことにした。

とは言っても、寝泊まりするのは自宅からそれほど離れていない勝手知ったる森の中。

子供の頃から何度も訪れている、とても安全なエリア。

私はカメラを持参して、風景写真ばかりを撮影し、キャンプから戻ると早速現像した。

すると、その中に3枚だけ自分が撮影したはずのない写真が混ざっていた。

写っていたのはテントの中で寝ている私…

何も盗まれていないし、どこかを傷つけられたわけではない。

しかしキャンプの間、毎晩テントで寝ている私のそばには…誰かがいた…

次のページへ >

みんな読んでる人気の記事

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全39話は、読み終 ...

本当に怖い都市伝説 2

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 3

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

不気味な失踪事件 4

ある日突然、人が姿を消す。 まるでドラマや映画のような失踪事件が世界中で報道されている。 捜索の結果、失踪者が見つかるこ ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 5

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 6

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

本当に怖い恐怖症の世界 7

たぶん… 何のためらいもなくバンジージャンプを飛べてしまう人に「高所恐怖症の恐ろしさ」を共感してもらうのは難しいんじゃな ...

動物動画ニュースまとめ 8

海外のニュースで話題になった最新の動物系動画を更新中!!! ゴージャスなジャンプ オーストラリアのメルボルンに華麗なジャ ...

-閲覧注意の怖い話まとめ
-, ,

Copyright© 海外B級ニュース , 2019 All Rights Reserved.