ノンフィクション!!ほんとにあった海外の怖い未解決事件まとめ

法律を破った者には、裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。

警察の必死の捜査にも関わらず、犯人は雲隠れして未解決のまま捜査が打ち切られてしまう未解決事件は少なくない。

過去に海外で発生し、未解決となってしまった事件の中から、寒気がするような、悪質で気味の悪いケースを紹介しよう…

若き弁護士の謎につつまれた最期…

ジョナサン・ルーナは、ニューヨークでも特に治安の悪いサウス・ブロンクス地区で生まれ育った。

しかし、ジョナサンは道を踏み外す事なく勉強に励み、日常的に犯罪が横行する環境から、弁護士までのし上がった。

結婚し、2人の子供も生まれ、絵に描いたようなサクセスストーリーを歩む彼が38歳の時、不可解な事件が起きた。

2003年12月3日。

当時、家族でメリーランド州のボルチモアに住んでいたジョナサンは、午後11:30ごろに仕事を終え裁判所を出た。

しかし、彼は自宅に帰らず、誰にも行き先を告げずに車で街を出てしまった。

翌日、12月4日の早朝5:30頃、ジョナサンは4つの州をまたいだペンシルベニア州で遺体となって発見された。

彼は小さなペンナイフで体中を36回も刺され、川の中で絶命し、すぐそばには夜通し運転していた車が停められていた。

一体、家庭を持つ若き弁護士の身に何がおきたのか?

現場に到着するまでの足取りでわかったのは、裁判所を出て午前1時にデラウェア州のATMで現金を引き出したこと、ETCのある車に乗っていたが、現金で道路料金を払っていたこと。

現場では犯人につながる物的証拠や目撃情報は得られなかった。

当初、警察はジョナサンが関わった裁判が原因で誰かの恨みを買い、事件に巻き込まれたと考えた。

ナイフで刺された回数があまりにも多かったからだ。

しかし、ジョナサンの私生活に関して捜査を進めていくと、自殺の可能性が高まってきた。

彼はクレジットカードで多額の負債を抱え、ネット上で愛人を探していたことも明らかとなった。

仕事絡みで殺害されたのか?

それとも、幸せそうな私生活は見せかけで、人生に絶望した末にジョナサンは自らナイフを身体に突き立てて命を絶ったのか?

どちらを裏付ける証拠もなく、今でも事件は未解決のまま…

イタリアの英雄ボテッキアの死

オッタヴィオ・ボテッキアはイタリアの国民的ヒーローだった。

第一次世界大戦の時には活躍が認められて勲章を授かり、戦後は、自転車レースの最高峰ツール・ド・フランスで1924、1925年に2連覇。

ボテッキアはイタリアを代表するアスリートだったが、数年後に事件が起きた。

1927年6月3日。

その日、朝からサイクリングに出かけたボテッキアは、数時間後に、路上で意識を失ってるところを発見された。

第一発見者の農夫の通報でボテッキアは病院へ搬送され、治療を受けたが意識は戻らず、6月14日に亡くなってしまった。

この時、ボテッキアは頭蓋骨にヒビが入っていたため、何らかの理由で頭部を強打したと警察は考えた。

彼が発見された時、乗っていた自転車には全く傷がなく、遺体から離れた場所に放置されていたため、サイクリング中に交通事故に巻き込まれた可能性は低い。

が、有力な手掛かりや目撃者は現れず、捜査は行き詰まってしまった。

ボテッキアの死亡原因にはいくつかの説がある。

ムッソリーニに命を狙われた説

ボテッキアは社会主義者で、当時、ムッソリーニの推し進めていたファシズムとは相容れない思想の持ち主だったため殺害されてしまった説。

マフィアに狙われた説

あるイタリア人がニューヨークで事件に巻き込まれた際、マフィアからの依頼でボテッキアを襲ったと証言したという説。

どちらも憶測の域を出ないが、ボテッキアの死から数年後、第一発見者の農夫が当時のことを証言したそうだ。

病に倒れた農夫はベッドの中で、こう言い残した。

あの時、私は勝手に畑のぶどうを食べている男を発見した。

警告するため石を投げると、それは男に命中してしまった。

すぐに駆け寄った時、私は、彼が何者か初めて気づいた。

パニックになった私は、彼を道路脇まで引きずって、その後に通報したんだ。

神よ、お許し下さい…

この農夫の告白が本当なのか定かではない。

無罪判決は正しかったのか?

1977年4月。

オクラホマ州のキャンプ場にガールスカウトの子供たちがテントを張って宿泊していた時に不気味な出来事があった。

カウンセラーとして参加していた女性のテントが何者かに荒らされ、ドーナツが盗まれていた。

さらに、テントの中には不気味なメモが…

「近いうちに三人の女の子が、このキャンプ場で殺されるだろう」

カウンセラーは同僚に相談したが、イタズラだと結論づけてしまった。

2ヶ月後の6月12日。

悪夢のような事件が起こった。

その日もキャンプ場ではガールスカウトが行われていたが、夜になると激しい雷雨が降り注いだ。

翌朝、シャワーに行こうとしたカウンセラーが、ガールスカウトに参加していた8〜10歳の少女3人が寝袋に入ったまま殺されているのを発見。

3人の遺体はテントから150m離れた場所に放置されていた。

この事件の捜査にあたった警察は犯人に心当たりがあった。

それは、当時刑務所から脱走し指名手配されていた34歳のジーン・ルロイ・ハートという男。

いくつもの前科がある札付きの悪で、キャンプ場周辺の地理も熟知していた。

警察はすぐにジーンを指名手配。

なかなか発見にいたらなかったが、翌年の4月にジーンは逮捕された。

彼は、事件が発生した地域の森に点在する洞窟を根城にして、居場所がバレないよう複数の拠点を移動しながら生活していたのだった。

その後の捜査で、ジーンが生活していた洞窟からは、カウンセラーが所有していたサングラスが発見され、現場に残されていた足跡も一致した。

さらに、洞窟には不気味なメッセージが刻まれていた。

殺人鬼はここにいる。あばよ愚か者ども。1977年6月17日

この日付は、少女たちが遺体で発見された4日後を指していた。

その後、殺人罪で裁判にかけられたジーンだが、結果は証拠不十分で無罪。

脱走の罪では収監されたが、結局、1979年に心臓発作を起こし医療刑務所でこの世を去った。

果たして、容疑者は本当に無罪だったのか?

事件から40年が経過したが、真相は明らかになっていない。

幻のシリアルキラー

1946年の2〜5月にかけて、アーカンソー州とテキサス州の間に位置する町テクサーカナで、連続殺人事件が発生した。

この短期間に5人が殺害され、住民を恐怖に陥れた。

この犯人は夜中になると獲物を物色し、誰にも見られていない場所を吟味して犯行におよんだ。

中には、自宅で新聞を読んでいたところ、窓越しに発泡され殺害された被害者も…

テクサーカナの町には夜間外出禁止が通達され、怯えた住民たちは家に閉じこもり銃で武装した。

警察は総力をあげて捜査を行ったが、犯人につながる手掛かりは全く見つからず、事件は迷宮入りとなった。

この事件をベースにしたホラー映画「The town that dreaded Sundown」が制作されて1976年に公開、2014年にもリメイクされた。

歴史研究家のジェームス・プレスリーは、2014年にこの未解決事件についての書籍を出版。

本の中でジェームスは「この事件の犯人はヨウエル・スウィニーという男だ」と断言している。

この男は泥棒の前科があり、連続殺人事件が発生した当時も容疑者となっていたが、逮捕されることはなかった。

実際、スウィニーの妻は「夫が犯人だ」と話していたが、法廷で証言するのを拒んだ。

スウィニーは別件の罪で1974年に刑務所へおくられ、73年に出所したが、真相は今も闇の中…

source